top of page

​BIOGRAPHY

東京・横浜にて育った山口真歩は、

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を卒業し、その後、ボストンへ渡米。

奨学金を取得し、Boston Conservatory at Berklee へ入学、音楽修士号を取得。

渡米中、体調不良と闘っていたが右手での演奏が不能となり、治療に専念するため卒業とともに日本へ完全帰国。通院治療を行う傍ら、演奏法や骨の仕組み、身体の使い方を本によって学び、また自分にあった身体のメンテナンス方法を模索。ナンバ術協会 最高師範 矢野龍彦氏によるナンバ体操に出会ったことによって、快復の道を歩んでいる。

 

これまでに、桐朋学園大学主催「管楽の夕べ」に選抜され、2年連続出演。2015年に、カリフォルニア州で開催されているMontecito International Music Festival に参加、講師の推薦によりFinal Concert に出演。

 

アメリカのボストンにおいて、学内選抜室内楽コンクールにて、Millennial Chamber Music Recital に2年連続選抜、出演。教授陣専属伴奏員としてのオーディションを通過し、Berklee/Boston Conservatory Brass Week Recitalにおいて、管楽器教授陣: Eli Epstein, Joe Foley, Angel Subero, Steve Emery、各氏と共演。

 

第34回、第35回町田クラシックコンクール入選。

第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校女子の部入選。

2021年イタリア・ローマの国際音楽コンクール ”グラン プライズ ヴィルトゥオーソ" 室内楽部門 第1位を受賞。スウェーデンのストックホルムで開催された国際音楽コンクール ”ノースインターナショナルミュージックコンペティション” 室内楽部門第2位を受賞。

第23回大阪国際音楽コンクールデュオ部門 入選(1,2,3位なし)

第24回大阪国際音楽コンクールデュオ部門 エスポワール賞受賞。

 

これまでに、高木茉莉、三瀬和朗、川島伸達、Max Levinson、各氏にピアノを師事。Markus Placci、Eli Epstein 各氏に室内楽、及び管弦楽伴奏を師事。

 

エコールドレーヴ宝塚受験生用声楽伴奏ピアニスト、「NPO法人 音楽で日本の笑顔を」合唱ピアニスト を経て、現在「歓喜の演」合唱団専属ピアニスト。

​中高生向けの英語劇挿入曲演奏制作に携わっている。

マリンバ奏者の藤本美緒と”MsDuo”として岡山と東京を往来しながら、活動中。

2022年からNPO法人musiaに参画中。

bottom of page